A2Aアデノシン阻害薬とは

Gタンパク質共役受容体(GPCR)薬で、
A2Aアデノシン阻害薬とは
そーせいの導出品として、
「アデノシンA2A受容体拮抗薬」
これはT細胞へのアデノシンの作⽤を
ブロックすることで、免疫療法の有効性を⾼める可能性がある。

簡単に書くと、ガン細胞はT細胞からの攻撃を防御するために、
「アデノシン」を分泌して、
自分への攻撃を避けることが知られております。

この作用を回避するための「拮抗薬」です。
新しい仕組みの製薬がこれから始まるとの事です。

=====
阻害(薬・拮抗薬)はアンタゴニスト(Antagonist)
作用(薬・作用薬)はアゴニスト(Agonists)

Gタンパク質共役受容体とは「Gタンパク質結合受容体」または「7回膜貫通型受容体」
細胞膜には細胞膜外と細胞膜内を一本の紐(ケーブル)のような物が合計7回貫通している。
その細胞外の神経伝達物質やホルモンを受容してそのシグナルを細胞内に伝える。
細胞外には鍵穴のような形が存在し、
この鍵穴にこれに合う鍵が結合することでこの細胞内にシグナルが伝達される。

※ギリシャ語では「7」を「Hepta」と言う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid)
RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)・Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ
夜のお付き合いの機会が多い方、いつまでも健康でいたい方。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、冷暗所にて保管してください。
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan

お得な定期購入もご用意しております。