日本でも「出国税」が新税として計画

突拍子も無い情報が飛び出た、
なんと日本でも「出国税」が新税として計画されている。

海外旅行の際にかかる税金だとか・・・

税金の主な使用は、日本観光資源などへの投資と案内表示などだと言う。

既に、イギリスやフランス、ドイツでは導入済みだとか。

気になる金額はいくら位になるのか?
===< エキサイト翻訳>===
Wild information ran away.
Surprisingly, “exit tax” is also planned as new tax in Japan.

The tax which hangs in case of overseas travel and….

I say that main use of a tax is an investment and an information display to Japanese tourist attractions.

It’s already introduced in United Kingdom, France and Germany already and.

How much will the worrisome price be?

A2Aアデノシン阻害薬とは

Gタンパク質共役受容体(GPCR)薬で、
A2Aアデノシン阻害薬とは
そーせいの導出品として、
「アデノシンA2A受容体拮抗薬」
これはT細胞へのアデノシンの作⽤を
ブロックすることで、免疫療法の有効性を⾼める可能性がある。

簡単に書くと、ガン細胞はT細胞からの攻撃を防御するために、
「アデノシン」を分泌して、
自分への攻撃を避けることが知られております。

この作用を回避するための「拮抗薬」です。
新しい仕組みの製薬がこれから始まるとの事です。

=====
阻害(薬・拮抗薬)はアンタゴニスト(Antagonist)
作用(薬・作用薬)はアゴニスト(Agonists)

Gタンパク質共役受容体とは「Gタンパク質結合受容体」または「7回膜貫通型受容体」
細胞膜には細胞膜外と細胞膜内を一本の紐(ケーブル)のような物が合計7回貫通している。
その細胞外の神経伝達物質やホルモンを受容してそのシグナルを細胞内に伝える。
細胞外には鍵穴のような形が存在し、
この鍵穴にこれに合う鍵が結合することでこの細胞内にシグナルが伝達される。

※ギリシャ語では「7」を「Hepta」と言う。