台湾の国宝「牛樟芝.jp」ドメイン誕生

台湾の国宝「牛樟芝.jp」ドメイン誕生

和名「ベニクスノキタケ」や「ルビーマッシュルーム」「森のルビー」「樟芝樹」「牛樟菇」「牛樟菰」などの名前で呼ばれる「牛樟芝」。

台湾(TAIWAN)固有の真菌類、学名「Antrodia Cinnamomea」

日本での販売はこちらです。
ゴールデンバイオテックジャパン社製(GoldenBiotech・国鼎生物科技股彬有限公司)。
Antroquinonol(アントロキノノール)の特許取得。

牛樟芝は本来台湾の標高450m~2,000mに生える牛樟樹が年老いて、倒木となり、その空洞化した中に生える菌類です。
特徴としては、成分に膨大な数のトリテルペン(トリテルペノイド・三萜類)やβグルカンなどが豊富に含まれております。
とくに、トリテルペン類数は霊芝を遥かに超越していて、医療界も大変注目している素材(成分)です。