台湾の国宝「牛樟芝.jp」ドメイン誕生

台湾の国宝「牛樟芝.jp」ドメイン誕生

和名「ベニクスノキタケ」や「ルビーマッシュルーム」「森のルビー」「樟芝樹」「牛樟菇」「牛樟菰」などの名前で呼ばれる「牛樟芝」。

台湾(TAIWAN)固有の真菌類、学名「Antrodia Cinnamomea」

日本での販売はこちらです。
ゴールデンバイオテックジャパン社製(GoldenBiotech・国鼎生物科技股彬有限公司)。
Antroquinonol(アントロキノノール)の特許取得。

牛樟芝は本来台湾の標高450m~2,000mに生える牛樟樹が年老いて、倒木となり、その空洞化した中に生える菌類です。
特徴としては、成分に膨大な数のトリテルペン(トリテルペノイド・三萜類)やβグルカンなどが豊富に含まれております。
とくに、トリテルペン類数は霊芝を遥かに超越していて、医療界も大変注目している素材(成分)です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid)
RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)・Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ
夜のお付き合いの機会が多い方、いつまでも健康でいたい方。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、冷暗所にて保管してください。
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan

お得な定期購入もご用意しております。